アンパンマンよ、永遠に。

軽快なリズムと楽しいテンポ。
思わず体が弾む子供たちが大好きなこの歌も、アンパンマン作者、やなせたかしさん作。

この歌の深く温かい愛情と切なさを理解できるのは
子供たちがもう少し大きくなってからか。

たとえ胸の傷が痛んでも、
何の為に生まれて何をして生きるのか答えられないなんて嫌だ!
時は早く過ぎる光る星は消える
だから行くんだ微笑んで・・・

Continue Reading

夏の日

  てくてくてくてく どこまでも歩いていける気がした。 容赦ない夏の日差しを そこここに差し掛かる木陰でよけな…

Continue Reading