「さば」の病気~その後2

昨年、10月の妹の誕生日。
さばの病気が発覚した。
→「さば」の病気
いずれは両目失明。
眼球摘出の可能性。
治る可能性はほぼない。
そう言われて10ヶ月あまり。
2,3日前から
「ろく」や「くり」にぶつかることがある。
まっくろけの「ろく」は特に見えにくいらしく
自分がぶつかっておきながら
「ヒゥヤ!!」と逆切れ。
「くり」の足を踏んづけて初めてその存在に気付き驚く。
覚悟はできていたはずなのに
元気に遊んでいるときは
病気の存在を忘れさせるほどだったから
ソレを改めて確固とした存在と思い知らされる。


「ばあちゃんの目でよかったらなんぼでもあげるのにね。」
とポツリと言った。
は老眼鏡を作りに行ったメガネ屋さんの視力検査で
「もっと大きく目を開いてください!検査ができません!」
と言われたらしい。
昔はぱっちり二重の大きな目をしていた母も最近はまぶたがどうにも重くたれさがって来るらしい。
「これ以上、あきません!」と叫んだとか。
「こんな目でよかったらあげるよ。」

はもう一度つぶやいた。
P.S
こんな母は「猫嫌い」を公言する。

さば

2 comments Add yours
  1. あぁ、、、左目、白くなってるね。
    年老いて見えなくなるのもこっちはヤだけど
    病気はもっとヤだね。
    でもさ。
    逆切れする元気があるって、かわいい♪
    少しほっとしたよ(^^)

  2. そうですか、さばちゃん
    実家に居た猫が年老いて目が見えなくなって
    家の中をぐるぐるまわりながら移動してたっけ。
    髭の感覚だけが頼りだったんでしょうねぇ。
    一歩一歩慎重に踏み出しながら歩いてたな。
    鼻も効かなくなってご飯が目の前にあってもわからなくて
    でも鼻先にくっつけてやるとよーーーく食べたっけ。
    ついこの間テレビでやってた。
    お母様みたいにまぶたが下がってくる症状のこと。
    加齢だとかが原因らしいけど
    程度にもよるらしいけど保険で手術できるらしいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA