踊る木魚。

そら今月初めのカッキーンと晴れ渡った日曜日。
祖母の25回忌の法要があった。
父の姉、弟たちが
この日ばかりは勢ぞろいし、
在りし日の祖母を偲んだ。
「ほうじょうさま」と呼ばれるお坊さんの
ながいながい”読経”が始まり、
暑さに汗がダラダラと流れ、
踏まれても気付かないほど足が痺れたころには
「木魚」は7回転していた。
ねこもりやんちの「木魚」は
ほうじょうさまの”読経”に
まるで合わせるかのようにくるくると回る。
ほうじょうさまが叩くたびに
弾けるように踊る。

コノコトを発見してから
ちょっとだけこういう行事が好きになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA