さばの病気~その後3

「さば」の病気が発覚してから

一年と3ヶ月が過ぎた。

 

父と母に、

特に母には異常なほど可愛がられ

もともとのお嬢気質にさらに磨きがかかり

ほかの猫たちには意味もなく威嚇しつつ

人間達には

“猫なで声”で甘えてこくびをかしげて見せる。

花札に参加中のさば

 

いもうといわく

「ぎゅぅうう~ってしたいけど壊れそうでできん」

そんなかよわさを漂わせる。

 

悪女。

 

そういえば

こんな風に”裏表”のはっきりしてる女の子、いたな~!

はっきりしすぎててかえって気持ちいいぐらいだけど。

 

 

 

とうとう両目とも

深い湖のようになった「さば」の目。

最近、時々左目だけ透明になる。

で、しばらくすると

またもとの白濁した湖にもどる。

いもうと

「治るんかも!」と単純に喜ぶけど

ねこもりやはなんだかこわくて喜べない。

 

こんな風に父母の間にちょこんと座り

対戦をじっと眺めてる姿をみるとほんとにほっとする。

 

One comment Add yours

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA