かぼちゃの花の咲くころ。

祖母の命日の前日、

かぼちゃの花がたくさん咲いた朝

ガンジーが風になった。

 

いったい、何歳だったのか

とうとうわからないまま。

 

ほんとにウソのような最期。

 

家中の誰もが

まったく思いもかけない突然のできごと。

 

ついこの間まで

ひなじぃに連れられ元気に散歩もしていたし、

おやつにあげた猫ごはんもきれいに食べた。

 

 

「様子がおかしい」と言う

いもうとの言葉で初めて異変に気が付く愚かさ。

 

 

いもうとに助けられ7年。

 

 

最期は

しっかりいもうとの方を振り仰いで

おおきく背伸びをしたという。

 

「ありがとう」をちゃんと言えたんだね。

言わなくてもちゃんとわかってたと思うよ。

 

だって、

いつも少しだけ困ったような目をしていたあなたなのに

いもうとと散歩をしてる時だけは

しっぽをおおきくおおきく振って飛び跳ねるように歩いてたから。

 

 

 

ガンジー

 

 

ガンジー。

 

かぼちゃの花の咲くころ、

生まれ変わって

きっときっと

また会いに来てね。

 

P.S

みーやん、だいちゃん。

直接言えなくてごめんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA