友よ。

朝方から降り続いてる雨のおかげで

この時期にしては暖かい。

 

この暮れの押し迫ったせわしい日、

またまた一年ぶりになってしまった

11も歳の離れた友人との二人きりの忘年会。

 

毎年、

「今年こそはちょくちょくあおーぜ!」

と、お互い真剣に約束するのだけど。

 

 

去年はたしか、

御幸通りや青空公園に

キラキラとイルミネーション煌めくクリスマス時期だったなー

 

 

ピックアップして、

そのまま予約済みの”いろり山賊”へ。

 

 

盛り沢山の一日。

 

山賊→周南市美術館で開催中の安野光雅展→最後のテアトル徳山で「人生、いろどり」→カラオケ3時間ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

山賊への行き帰りは、

ちょうどいいおしゃべりタイムで

ねこもりや初の”お見合い”のことや、

猫のこと、縷々ちゃんのこと・・・

 

臨床心理士の彼女は

今の仕事を卒業(定年?)したら

福島へ行って子供たちの心のケアをしたいという。

 

「でも、やっぱり新しいなにかをするのが怖いんよね。ダメなヤツなんちゃ。」

言うだけの自分が恥ずかしいと言って小さく笑い、泣いてた。

 

運転しながらだから

もちろん、たしかめることもできないけれど。

 

あの時の繰り返し流される映像を

思い出すだけでも

恐ろしくて足が震え、

そして同時に、

案の定、”忘れかけていた自分の身勝手さ”に唖然とする。

 

 

友よ。

 

あなたのその涙は

ねこもりやの恥知らずの傲慢さに

往復ビンタを食らわしてくれたよ。

 

 

カッコばっかりの

押しつけがましい優しさは

ただの自己満足と自己弁護だと。

 

 

あー、なんてなんて恥ずかしい。

 

 

友よ。

 

あなたのその率直さと

赤裸々な飾らなさが大好きです。

 

 

山賊のストロベリーアイス

 

安野光雅展

 

人生、いろどり

 

 

来年の抱負。

「ありのままの自分でいる(平常心)」

 

 

友よ。

 

また来年も笑顔で会おーぜ( ̄∇+ ̄)vキラーン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA