受け継がれるもの。

おにぎりが大好きだという野生感満載の子、縷々ちゃん。

 

思えば、

この子の母、”みーやん”がまだ5つか6つの頃。

 

虹ケ浜海水浴場へ連れていった時のことが忘れられない。

 

光市にあるこの海水浴場は、地元では人気の浜辺で

人出も多いし賑やか。

その反面、遠浅で「平気、平気♪」と思ってたら

急にグンと深くなり、

大人でもちょっと怖い。

 

そんな感じだから

弱冠5、6歳の子を連れたねこもりやは

それでなくても神経質になる。

 

沖へ沖へと行きたがる、

ちいさな子がちょこんと入った

子供用の頼りない浮き輪をしっかりと持つ手には力も入る。

 

なのに、この子は!

しっかと浮き輪を持つねこもりやの手を「離せ!」と言うのだ。

ねこもりやがこの歳には、

「離しちゃいけんよ~、、、」と泣いたものだ。

 

その剣幕に、

どうせ怖くなって泣くだろうと高をくくったねこもりやは

そっと手を離す。

 

その途端!!

この子ったら、

バシャバシャと水しぶきを上げながら

ドンドンドンドン、さらにさらに沖へと向かっていく。

 

三つ子の魂百までとはよく言ったもので

この性格はその後も

その生き方のいたるところで顕著に現れる。

 

きっと、

この子の娘も・・・

 

縷々、おにぎり大好き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA