そうだ、出雲大社に行ってみよう。

出雲大社の巨大注連縄

なぜか、無性に行かなくちゃいけない気がする。

60年に一度の大遷宮を迎えている出雲大社。

遷宮とは、ご神体を本来の場所から移して社殿を修造し、再びご鎮座いただくこと。大屋根の葺き替えや銅板塗装など大規模な修造を行うことから、御本殿の新築祝いのように捉えられがちですが、本来の意味は、神様が鎮座されたその時を再現する、いわば「原点回帰」です。“はじまりのとき”に立ち返るという壮大なよみがえりの物語。

60年に一度の聖年 出雲大社本殿遷宮|【公式】星野リゾート 界 出雲
出雲大社「平成の大遷宮」 – しまね観光ナビ
出雲大社ホームページ

数年前に、くちごもりさんに会いに訪れた島根。
闇の中に浮かぶあの大きな注連縄(しめなわ)や巨柱に圧倒された出雲大社。

もちろん、大変なパワースポットであることは承知だけども、
これほどまでに「行かなくちゃ」と
焦りにも似た衝動に駆られたことはない。

ROSEを誘ったら、
一泊の予定で、「計画立てて」と一任された・・・・・

あのね、
どっかに行くときに、
あれこれと計画立てて行くことなんて
今まであった( ̄д ̄) エー?
ふたりの間ではよ、もちろん。
ちゃんといつも計画立てて行動してて、
そのとーりにコトが運ぶなら・・・
きっと、怒鳴られながら運転することなんてないはずよね?

今回ばかりは、行き当たりばったりじゃ駄目ってことか。

そうか。
いつも行き当たりばったりのわたしの人生の根本のとこ、
見つめる機会(チャンス)なのかもしれないね。

出雲大社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA