一億人のちから。


公開日:2007年10月05日 金曜日   〇年前のこの日、何してた?
Categories: Diary | Tags: | 閲覧数:7 | 8 comments

子供の頃。
社会科の時間に
日本の総人口が1億1千万と聞かされた。

ねこもりやが子供の頃といえば
ひとつの家にテレビは一台(カバーがかかってたよ、ゴブラン織りの)。

自家用車がある家は、まだまだ珍しかった時代。
固定電話がなく呼び出しだった同級生もいた。 それが不思議じゃなかった時代。

今のように
子供も大人も自分専用の電話をもち、
ひとり一台のテレビも車もあたりまえの時代がこようとは。

モノクロームの気配があちこちに残る
つつましく、
そして石油ストーブだけが
ほのあかい教室。

おおきなアルミの薬缶のシューシュー鳴る音だけが響く
ぴかぴかに磨かれた木造りの床。

「1億1千万・・・」

結局、その日の授業で
頭に入ったのはこれだけ。

「日本中の人から1円づつもらったら、1億円」
きっと、誰もが一度は思いつくことだろうけど。

「たったひとりだと1円でもみんなが集まれば1億円」
その日、家に帰ってから
さっそく、その思いつきを
誰よりもねこもりやの理解者だった祖母に披露したのは言うまでもない。
それも、たいそう得意げに。

そのときは
ねこもりやが「1億円」もらうというしあわせな思いつきに
ひとり、夢をみたのだが・・・
気負わずにいろんなことにかかわることができる
便利な時代になりました。

ブログパーツとして提供されてるものもあります。
一億人のちからっておおきいですよね。
はなくん

もし、気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです♪ この記事へのリンクはこちら↓コピーしてHTML編集画面に貼り付けでお使いください。

ブログの更新情報はこちらで配信中~
Feedlyで購読
follow us in feedly
更新をメールでお知らせ 配信: FeedBurner

sponsored


公開日:2007年10月05日 金曜日   〇年前のこの日、何してた?
Categories: Diary | Tags: | 閲覧数:7 | 8 comments

著者 ねこもりや

どうぶつ占いは「コアラ」。ボーっとする時間が常に必要。”猫になりたい”とひたすら願う怠けもの。

My Photos

Comments (8)

  1. 特別な所に出向かなくても、キャンペーンをしなくても、日々の暮らしの中で気負わずに出来る、って良いことですよね^^

  2. 子供の頃、学校で先生から言われたことがあります。
    「もし、一円玉で一億もらったら、どうやって持って帰るか?」
    1 袋に入れる
    2 ボストンバッグ
    3 トラック
    答えは、3 トラックなんですよね。
    その多さにビックリしました。
    まだ小さい頃、ウチのテレビはもちろん白黒。
    小学校に上がってから、カラーテレビがやって来ました。
    懐かしいです。

  3. 僕も同じようなことを考えた時期がありましたし、
    欲張りなことに、1人から10円貰おうと……。
    社会の移り代わりは、
    確かに1円の速度さえずっと速めたように思います。
    時々、募金箱にお金を入れますが、
    その時の音が好きです。
    誰かの為に使われるのなら、嬉しいな、と思いつつ。

  4. そうだよねぇ?
    日本人全員から、1円ずつもらえれば、1億以上になるんだよねぇ?^^b
    世界中の人から1円ずつ集めたら、60億、70億^^;
    そう考えると、お金儲けって、簡単だなぁ?って、こどものころ思ってたよなぁ?^^;
    こんな難しいものはないのに・・・・

  5. こんにちわ☆
    1億円を何に使うか真剣に考えてしまいました(^_^;)
    そしてお金がない世の中ってどんなんでしょう??
    一億人の力…まだ目の当たりにしたことがないので不思議な感じです(´ω`)

  6. 一人一人がほんのちょっと想う気持ちで、莫大な力を生むことが出来る。
    1億あれば、多くの無駄もできれば、沢山の援助もすることができる。
    無駄はその場で消えてしまうものだけれど、援助は人の心に優しさや安らぎを与え 長く息づくものだと思います。
    迷わずに後者を選べる自分でありたいと、思いました。
    初コメでした(^^)
    私のブログ紹介してくださっていて、ありがとうござます!
    また来ますね☆

  7. お金ってほんとに大事ですね。
    一円だけど、一億円。
    「一円では、なんにも買えない」っていうけど、一円もあつまれば、一億円に。
    一円でもちゃんと大事にしないとね・・・。

  8. Pingback: できること。 | 極楽ひだまり保育園・・・猫になりたい

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA