「くり」と小豆と純毛100%

一昨日の明け方。

眠りから覚めるか覚めないかの境目、

「くり」が現れた。

 

いつものように

どっかと

目の前に、これみよがしに横たわった「くり」。

 

抱き上げると

ずっしりとした重みがあって

思わず、

「太ったね~!くり」と声をあげていた。

 

あれから、三か月。

相変わらず、

一人になると不思議と溢れてしまう涙と格闘していた。

 

「泣くなよ、ここにいるから。」

と言われたようで

また泣いた。

 

今日で最後にするよ。

もう泣かない。

今だけ、

今、これ書いてる間だけ。

 

そろそろ、

ROSEに遊んでもらおうと思ってたけど

なんだか忙しそうでねー

 

もう、数か月も遊んでないので

どうやら、喧嘩したんじゃないかとねーさまと高兄は心配してたらしい。

ねーさまは「たまには誘ってやって」って言ってたけど

実は「受け身」なねこもりや。

いつも計画してくれるのはROSEなのでね~

 

ああ、待つ身の辛さよ(T_T)

小豆がライバルなんてさっ!!

 

と、嘆きつつ

刺さるような視線を感じ振り返ると

そこには大きな毛玉が澄まし込んで鎮座。

純毛100%

はいはい、

あなたが遊んでくれるってことね (・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA