出来上がったばかりのスマホ手袋を玉ねぎ染色&フェルト化してみるの巻。

かぎ針編みスマホ手袋

 

出来上がったばかりのスマホ手袋。

 

編み目が大き目なせいか

すこしばかり緩めに仕上った。

 

このまま、仕上げ洗いしたら

きっと、もっとゆるーくなりそうだし

ちょっと寒い、、、

 

てことで、

今回はこのスマホ手袋、

フェルト化してみることに。

おまけで、取っておいた玉ねぎの皮を煮出して生成りを渋めに染めてみよーっと。

 

煮出した玉ねぎの煮汁にドボンとしばし漬け置き。

なるべく熱いお湯のほうがフェルト化には良いでしょうね。

玉ねぎの皮を煮出したお湯にしばし漬ける

 

その後、

石鹸をもみ込みながら

ゴシゴシと思いっきりこすり洗いする。

石鹸をつけてこすり洗い

柔らかい毛糸の感触が

段々と固くなっていくはず。

ほとんど収縮しなくなったらOK!

一応、柔軟剤か、リンスで仕上げ

干す。

干す

 

こちら、作業前↓

かぎ針編みスマホ手袋

そして、作業後↓

フェルト化後

 

毛羽もたち、

目がぐーんと詰まって温かくなったよ~ ♪

 

玉ねぎ染色は・・・

 

あはは。

無かったことに。

 

煮汁をもっと濃くして煮詰めてもよかったかもね。

 

ま、本来

染めるのは糸の状態でのほうがいいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA