添い寝係の引き継ぎ

”ちゅら”のスペースはあけたまま・・・

不思議なもので

”ちゅら”がいた時は

ねこもりやに添い寝などすることのなかった”うらら”。

 

いつのまに引き継いだのか

甘え上手だった”ちゅら”ほど上手くはできないけど

”ちゅら”を埋葬したその夜以来、

そっとそっと遠慮がちに枕元に寄り添う”うらら”。

 

そういえば、

“ちゅら”が初めて添い寝したのも

”くり”がいなくなってからだった。

 

代々、ちゃんと優先順位があって

優先順位一番の子の領域を侵さないようきちんと守っていた。

 

この子たちは

喪失感に打ちのめされてしまうかもしれない

飼い主のココロの空洞をきちんと埋める術を

天性の力として備えているのかもしれない。

 

小さな頃にねこもりや家の一員になった

ねこもりやに始終べったりの

根っからの甘えん坊だった”ちゅら”とは違い、

既にひとり立ちして、2~3か月は経っていただろう”うらら”は

外の世界で

何度も怖い目にもあっただろうから

警戒心も人間嫌いも半端じゃない。

 

そんな”うらら”が

ぎごちないながらも

一生懸命に重大な任務を遂行すべく

「グルグル・・・」と喉を鳴らしながらそっと寄り添うのだ。

 

ねこもりや同様

あの日、

大きな愛で包み、不安な気持ちをなだめてくれた大切な相棒を亡くした”うらら”。

寂しさは計り知れない。

 

ねこもりやが

不思議なくらい”ちゅら”の気配を感じるように

うららには元気になった”ちゅら”の姿が見えているのかもしれないけども。

 

うらら:「こんな感じでどうかな~?」

ちゅら:「うんうん、そんな感じ。大丈夫、すぐに上手になるよ♪」

 

なーんてね( *´艸`)

うらら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA