夏の終わりに。

いつのまにか

開け放しの窓から入ってくる

ひんやりと冷たい空気の中で目覚めるようになった。

 

この頃の

季節の移り変わりは

思いのほか急ぎ足で

行きつ戻りつの

いわゆる季節の「境目」のようなものがなく

昨日の夏が

いきなり、今日は秋になる。

 

昔は

ちゃんとあった

小さい春や小さい秋。

 

歌にもあったよね?

「ちいちゃい秋、ちいちゃい秋、みーつけた♪」

 

今日は二十四節気では「処暑」

暑さが峠を越えて後退し始めるころ。

 

あっという間に

”ちゅら”が風になって一か月が過ぎた。

 

何をしていても

涙が溢れていた真夏の数週間。

 

少しづつだけど

「触(ふ)れられない」という現実に慣れつつある。

 

徳地の竹灯籠

 

 

虹の橋を渡り切った子は

前の自分の名前を忘れて生まれ変わると聞いた。

 

”ちゅら”がいない辛さや悲しさが薄らいでいく、

その罪悪感と引き換えに

生まれ変わった元”ちゅら”と巡り合わせて貰えるのかな。

 

きっとまた会えるね。

 

この夏の終わりに

”ちゅら”はこころの中にいるということを

ようやく受け入れられそうな気がするよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA