天高くふわふわ毛玉が恋しい秋の日。

”ちゅら”の病院通いに必死だった真夏に引き受けた
新南陽若山ライオンズクラブ」のサイトがほぼ出来上がりつつある。

>>新南陽若山ライオンズクラブ

 

WordPress、いじりだしたら果てしない・・・

あとは、メンバーの顔写真加工がもう少し。

 

いつもお世話になってばかりの地元の小野建設の社長の紹介。

 

ほんとは、小野建設のページを作らせてほしかったんだけど

自分で作ってるページに不満がないんだと。

 

それでも、”ちゅら”にお金がかかることを心配してくれて紹介してくれたのだ。
ありがたや。

 

ひなじいも血気盛んな働き盛りだった頃、

新南陽ライオンズクラブ」に名を連ねていたことがある。

ねこもりやも幼い頃、

そんなひなじいに連れられ

ゴルフコンペやお食事会に参加した記憶があるので

ライオンズクラブって、

てっきり、お金持ちの集まりだと思ってた。

 

現に、どっかの社長さんばかりだったしね。

 

だけど、今回

ホームページ制作を手掛けたおかげで

ライオンズクラブへの認識が変わった。

 

  1. ボランティア(奉仕)団体である
  2. お金持ちの集まりではない
  3. 年会費要

 

使命声明文

ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを満たし、平和と国際理解を育む。

 

驚いたのは、

年会費を納め、

その上で

奉仕活動を行っているということ。

 

「奇特な人もいるもんだ」って話ですよね、正直。

 

だけど、ちょっとわかる気がする。

 

以前勤めていた会社で

近隣の小学校の「素手で便器を磨く」という活動に参加したことがある。

 

「素手で便器を磨く」

文字通りなんだけど

便器に顔をこすりつけるようにして

たわしや鑢(やすり)を駆使し、黄ばんだ便器を睨むようして

ゴシゴシゴシゴシ、一心不乱に磨いた。

 

でも実は、

便器を磨いてるんじゃないんだよねー

自分の心と精神を磨き上げてるんだって思った。

 

ピカピカになった便器を前に

なんとも清々(すがすが)しく爽快な気分だったことを覚えている。

 

そんなことを考えながら

寝る間も惜しんで作ってるうちに

季節はあっという間に秋になった。

 

昨日の朝、

もうそろそろ稲刈りかなと思いながら眺めた神社の階段下の田んぼは

今朝はすっかりさっぱりになってた。

稲刈り前

稲刈り後

酔芙蓉の花も満開。

この花は、いら(毛虫)がいっぱいつくので

葉っぱが食われてレースみたいになる。

酔芙蓉

ねこもりやは、八重咲を植えてたけど

秋がすっかり深まるころには

スケスケの葉っぱばかりになってたな( *´艸`)

 

”うらら”は不器用ながらも

「あれ?”ちゅら”もこんなことしてたな」と思うようなことを

沢山するようになった。

 

パソコン前を陣取り

かまってくれアピールをすることも

すっかり板について。

パソコン前を陣取る”うらら”

  • パソコン前を陣取る”うらら”

あいかわらず

「ちゅら」と無意識に呼んでしまうことがあるけど

涙はほんの時々になった。

 

 

人肌恋しいこの季節は

ねこもりやには

”ちゅらのふわふわ毛が恋しい季節”になった。

 

すっかり高く遠くになった空。

 

さあ、あともう少し。

最後の仕上げにかかりますか!

>>新南陽若山ライオンズクラブ

 

天高く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA