愛するもの~マイリトルフォレスト

ほんの数か月前、

この上ない「しあわせ感」に浸っていた。

 

あの時は、

そのしあわせの根源は

「なんでも自分の思うまま」という、

ストレスなしの自由さだと思っていた。

 

もちろん、それも大いにあるのだけれど

一番大切なモノは

「愛するもの」の存在だった。

 

いつも

あたりまえのように存在していたものだから

それが

決して「あたりまえ」ではないということに気づけなかった。

 

わたしのリトルフォレストは

この懐かしい匂いのする家(うち)ではなく、

そこに一緒に暮らした「愛するもの」そのものだった。

 

一週間ほどまえ、

急に淋しくなって

「ちゅら、会いたいよ~」と泣いていたら

スピーカーから流れていた音楽が

「ジジジッ」と変な音がして一瞬止まった。

「えっ?!」

”ちゅら”に叱られてるような気がして

「ちゅら??、ごめん!」

「ジッジジッ」とまた一瞬止まって

流れ出した。

 

あぁ、ちゃんとそばにいる。

心配してる。

いつまでもメソメソしてちゃいけない、

しゃんとしなきゃ!!

 

最近、”うらら”の甘え方がますます”ちゅら”に似てきた。

ちゃんと見てたんだね。

猫は、うれしかったことしか覚えていない

 

一か月ぐらいまえに買った

「猫はうれしかったことしか覚えていない」

まだ、全部読んではないけど

「あるある」で面白い。

”ちゅら”も

はじめて出会った日の「ウインクキス」のことや、

お外に脱走して半日遊んだこと、

毎日一緒に寝たポカポカ暖かい布団。

そして、

「最後のキス」をちゃんと覚えててくれるかな?

 

もう、泣かないからね。

リトルフォレストを受け継ごうとしてくれてる”うらら”のためにも

もう、絶対泣かないからね、

ちゃんと見ててね、ちゅら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA