縷々と一緒♪

お正月には帰ってこれないと言っていたみーやんと縷々ちゃんが帰ってきた。 思いがけないことで、 ひなじいもぴぐもんも嬉しい驚き。   夏の時とは、また違う溢れる活動的なエネルギーと言葉に 老人…

Continue Reading

ひなじぃの爆弾。

先日から、調子の悪かったひなじぃがぴぐもんと病院へ行った。 精密検査を受け、今日がその検査結果が出る日。 朝早くに、病院へと出かけて行ったぴぐもんから電話で、 「肺が3分の1しか機能していない」 「ボ…

Continue Reading

キモチ。

花束が届いた。 いえ、ねこもりやにではなくぴぐもんに。 家の事はさておいても、 決して手を抜かず勤め上げた9年間。   お疲れ様。 役立たずの娘でごめんね。   これからは、二人の…

Continue Reading

同い年のブランデー。

ひなじぃが、まだまだ意気盛んな男盛りだったころ。 ねこもりやが生まれた年に行ったという香港で買ったらしい。 コルク(ひなじぃは”キルク”と呼ぶ)が朽ちて、呑むのにも一苦労する品物。   最近…

Continue Reading

る~るるるる~♪

可愛くてかわいくてたまらんかった、一週間。 あっという間に、つばめ母娘は東の空へかえっていっちゃった。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 可愛くてかわいくて面白くて。ちいさな子つばめはお母さんつばめの真似を…

Continue Reading

いつもそばにいるよ。

1歳と半年の縷々が、半年前の出来事を覚えているものかどうかはわからないけど、たしかに縷々は、マンションの扉を開けた途端、部屋の奥に駆け込んだ。そこに確かにあるはずの”あの気配”はなく拍子抜けするほどの…

Continue Reading

千日紅の赤と真夏の太陽

比較的涼しいうちにと 朝7時ぐらいから、恒例の墓掃除に行ってきた。 歩いても数分のところだけど、 ちょっとした坂道にあぜ道。 着いた時には、もう頭から汗が噴き出ていた。   肺気腫もちのひな…

Continue Reading

13年後のクレヨンしんちゃん。

僕はシロ、しんちゃんのともだち。十三年前に拾われた、一匹の犬。まっ白な僕は、ふわふわのわたあめみたいだと言われて。おいしそうだから、抱きしめられた。 あの日から、ずっといっしょ。 「行ってきマスの寿司…

Continue Reading