Excel~予約状況管理のようなものを作ってみる。

以前、作ったExcelファイル。
もしかしたら、他にも使い道があるんじゃないかと思うのでご参考までに。

作ったのは、ある福祉施設での予約状況の把握のための予約管理表。
部屋の空き状況などを一目でわかるようにと作ったものです。
ちょっと改良すれば、イロイロ使えるかもね。

たぶん、これの解説にはすんごい時間かかるので、何回かに分けて更新しまーす♪
今日は、とりあえず出来上がりイメージのみで((┌(。△。)┐))

いくつかの関数と条件付き書式、リストで入力など・・・管理が簡単にできるようにしたつもり。

~使った関数一覧~

・AND
・OR
・COUNT
・COUNTA
・COUNTIF
・COUNTIFS
・IF
・IFS
・DATE
・MONTH
・WEEKDAY
・TEXT
・VLOOKUP
・SUM
・SUMIF

完成図

予約状況管理表出来上がり
※クリックで拡大

この管理表のキモは、やっぱり条件付き書式。
これを設定するとしないのとじゃ、随分違うと思う。
パッと見て、どこが空いてるのかわかるようでないと意味がないのでね。
意外と条件付き書式、使われてないようなので是非これを機会に足を踏み入れてみてくださいな♪
楽しいよ~

ポイント:

1.年と月を入力すると自動で切り替わるカレンダー(土日色つき)
2.年と月を入力すると自動で稼働日数計算
3.名前を入力すると自動で入る項目(ここでは介護度)
4.入所日と退所日を入力すると自動でカレンダーがうまる(色分け)
5.毎日の入所者と退所者を自動で把握
6.部屋別の利用状況を自動計算
7.一日あたりの利用者及び一人あたりの利用日数を自動計算

なんか、自動自動ってうるさいぐらい自動ですが・・・
Excelつかうんなら、自動・・・当たり前だよね~

では、続きはいつになるやらわかりませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA