Photoshopで画像の縁をアーティスティックにギザギザにする。


公開日:2013年10月10日 木曜日   〇年前のこの日、何してた?
Categories: Works | Tags: | 閲覧数:11,531 | Leave a comment

以前、インスタグラムみたいな画像加工をしたいと思って探してたどり着いたWEBサービス、Pixlr-o-matic、とっても便利ですよね~♪

あれ以来、何度もお世話になってまーす。

簡単お手軽って素晴らしい!


だけど、今回はあえて・・・ Photoshopを使って同じような加工、縁をギザギザにちぎったような加工をしてみます。

Photoshopで縁をギザギザに加工する

*今回使用しているのは、Photoshop5.1です。

加工したい画像ファイルを開く

①まずは加工したい画像を開く。 新規⇒開くをクリック ①加工する画像を開く ②加工したい画像を選択して「開く」をクリックする。 ②加工する画像を選ぶ ③画像が開かれたところ。 レイヤーは”背景”となっている。 ③画像が背景として読み込まれた

開いた画像を”背景”から”レイヤー”へ

④レイヤーパネルで右クリックし、 ”背景からレイヤーへ”をクリック。 ④背景からレイヤーへ ⑤適当に名前を付け(そのままでもOK)OKをクリックする。 ⑤OKをクリック

画像の下に新規レイヤーを作成する

⑥次に”新規レイヤー”を作成する。 ⑥新規レイヤーを作成をクリック ⑦⑧出来たレイヤーをドラッグして下へ移動する。 ⑦できたレイヤーをドラッグして下へ ⑧ドラッグして下へ

新規で作ったレイヤーで作業する

レイヤーをぬりつぶす

⑨元のレイヤーを非表示にする。 ⑨元のレイヤーを非表示にする ⑩⑪作ったレイヤーを黒で塗りつぶす。 ⑩黒で塗りつぶす ⑪黒で塗りつぶした

縁を付ける範囲を作成する

⑫⑬長方形選択ツールで縁取りたい範囲を選択する。 ⑫長方形選択ツールで ⑬縁取りたい範囲を選択する ⑭選択範囲を今度は白で塗りつぶす。 ⑭その範囲を白で塗りつぶす ⑮選択を解除する。 ⑮選択を解除する

フイルターをかける

⑯フイルター⇒ブラシストローク⇒はね・・・と選択し。 ⑯フイルター⇒ブラシストローク⇒はね ⑰プレビューを見ながら、”はね”を微調整する。 ⑰はねを微調整する ⑱もっとなめらかにするために、 フイルター⇒スケッチ⇒ぎざぎざのエッジをクリックする。 ⑱フイルター⇒スケッチ⇒ぎざぎざのエッジ ⑲再び、プレビューを見ながら調整する。 ⑲なめらかにするためぎざぎざのエッジで調整

いらない外側を削除する

⑳選択範囲⇒色域指定と進み、 ⑳選択範囲⇒色域指定 ㉑スポイントで縁の部分をクリックしてOK! ㉑縁の部分を指定 ㉒縁の部分が選択されてるので、そのまま”Delete”で削除する。 ㉒黒い部分だけDeleteで削除

元画像にクリッピングマスクをかける

㉓非表示にしていた元画像を表示し、 ㉓非表示にしていたレイヤーを表示する ㉔元画像のレイヤーを選んだ状態で、 レイヤー⇒クリッピングマスクを作成をクリック ㉔レイヤー⇒クリッピングマスクを作成 ㉕選択を解除して出来上がり! ㉕選択を解除して出来上がり

完成

こちらが保存した画像です。 Pixlr-o-maticみたいに、ビンテージっぽいエフェクトはかけてませんが、縁のぎざぎざっぽいのは再現できたかな? 出来上がり  こちらが、Pixlr-o-maticで加工してみた場合。 エフェクトをかけて、よりアーティスティックになってます。 pixlrで作成した場合   今回は、自分の勉強を兼ねて覚書として。 参考にさせていただいたのはこちら。 ほぼ、まるまんまでちゃーんとできました♪ ありがとうございまーす! あまます

もし、気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです♪ この記事へのリンクはこちら↓コピーしてHTML編集画面に貼り付けでお使いください。

ブログの更新情報はこちらで配信中~
Feedlyで購読
follow us in feedly
更新をメールでお知らせ 配信: FeedBurner

sponsored


公開日:2013年10月10日 木曜日   〇年前のこの日、何してた?
Categories: Works | Tags: | 閲覧数:11,531 | Leave a comment

著者 ねこもりや

どうぶつ占いは「コアラ」。ボーっとする時間が常に必要。”猫になりたい”とひたすら願う怠けもの。

My Photos

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA