TwitterCardsを設定してみよう!ツイートを華やかに内容をわかりやすく。


先日、OGPをプラグインなしで自力で設定したことは書きましたが、実はTwitterも”TwitterCards”なるものを設定すればアイキャッチと抜粋を表示してより更新(投稿)の見た目を華やかにし、訴求力を高めることができるらしいことを知り、さっそく導入。

TwitterCardsとは?

TwitterCardsを設定している場合

 

Twitter cards make it possible for you to attach media experiences to Tweets that link to your content. Simply add a few lines of HTML to your webpages, and users who Tweet links to your content will have a “card” added to the Tweet that’s visible to all of their followers.
TwitterCardsは、あなたのツイートされたコンテンツにメディアを添付することを可能にします。WEBページに数行追加するだけで、あなたのツイートがシェアされればフォロワーみんなが見ることができます。

みたいな・・・

Twitter版OGPのような。

申請と導入方法

サイトのヘッダーにタグを追加

まずは、下準備としてサイトのhead部分(/headより前)に数行のタグを追加します。

ヘッダーに記述した内容

ねこもりやはOGPを設定しているので以下で十分の様です。

もし、OGPを設定してない場合は、

TwitterCardsの登録申請

次に、公式サイトでTwitterCardsの登録申請をします。

ログインした状態でCard Validator | Twitter Developers へ。
もし、以下の様なポップアップが出てきたら”cancel”で閉じてOK!

キャンセルで閉じる

下図の”Validate&Apply”をクリックして、
出てきたすぐ下の枠内にURLを入力して”GO!”

Validate&Applyをクリック

そうすると、右側にサンプルが出てくるので間違いないか確認。
ちゃんと表示されているか確認

 

カードの種類がいくつかあるようですが、
写真がメインのサイト用とかなので、デフォルトでいいと思いますよ、通常は。
標準はsummaryですが変更できます.通常はそのまま

良ければ、”RequestApproval”をクリック。
※ねこもりやはもう設定済みだったのでhttp://rose.hughughag.net/を設定してみたよん♪
RequestApprovalをクリック

なんだか、当初は申請してから随分時間が掛かってたみたいですが、速攻でOKでした。
こんな風に概要が表示されるようになった

参考サイト

いつもいつも有意義な内容、ためになります♪
ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA