つがい鴨

川

ある人が少女だった頃のはなし。
少女の家のすぐそばに
川があった。
その川には
少女がたいそう可愛がっていたかる鴨のつがいがいた。
一羽が岸にあがればもう一羽はあわてて追いかける。
片一方が川を逆流すればもう片方も必死に追いつこうとする。
仲良し夫婦の微笑ましい光景。
その様子がたまらなくおかしくて
毎日、毎日
ひがな眺めつづけていた。
まだ夏の余韻を濃く残した
初秋のある日、
学校から帰ってきた少女は
いつものように
かばんをそっと、納屋の土間におき、
傾きかけた西日をすこしまぶしく思いながら
川面をのぞきこむ。
すっと、みぞおちの下をなにか冷たいものがながれるような妙な違和感。
ぞわぞわと胸を締め付けられるような嫌な予感。
いない!
少女は無意識に駆け出して
川上から川下まで全速力でさがしまわった。
子供の脚でいける範囲はくまなく探しまわったのに
そのどこにもいなかった。
どこにもどこにもいなかった。
なかよしつがい鴨は
はるか下流の
海へと流れ込むすこし手前の川原でみつかった。
なんらかの原因で死んでしまった「相棒」の亡がらに
ずっとずっと寄り添いながら
そこに辿りついたようだ。
三十キロの道程を
ずっとずっと。
もう二度と
かくれんぼをすることも
抜きつ抜かれつの水遊びも
お互いの羽の間に顔をうずめるようにして眠ることもない。
一緒にいることだけがうれしくて
それだけで嬉しくて
他になにかを求める欲ももたない動物たち。

健康で家族が一緒にいられる。
それだけでしあわせなんだ。
あたりまえすぎて忘れてしまいがちだけど。
少女は
いつしか
大人になって「母」となり
思い出話のようでもなく
ましてや
ひとりごとのようでもなく
話し始めた。
鼻のあたまを赤くしながら。
言葉には出さなかったけれど
ねこもりやは
「この母の子でよかった」
とこころから思った。

 

5 comments Add yours
  1. ねこもりやさんには、きっとたっくさんの守り神がついてますね☆
    猫ちゃん、わんちゃんに始まり、ミミズや、湯呑みに溺れかけた小バエまで・・
    いつもステキなお話をありがとうございます!
    山口ブログも毎日楽しみにクリックしてまーす♪  がんばれ~!!

  2. いっしょに過ごす時間の大切さは、いっしょにいる時は気づかないこともありますね。
    何ともない日常の生活そのものが、かけがえのない宝物なんだと改めて考えさせられるお話ですね。

  3. 素敵な、素敵な、言葉の響きですね。
    懐かしい、その風景を疑似体験するような、
    静かで愛しい時間をいただきました。
    この世界。本当に素晴らしい毎日が与えられている。
    そう実感できます。

  4. かなしいお話だねぇ~ ;;
    そうだよねぇ~
    生き物は、いつかは死ぬんだよねぇ~><
    だから、精一杯、生きている間に、愛情をそそいで、付き合って生きたいねぇ~

  5. 悲しいけど、素敵な話ですね。
    胸が苦しくなります。
    あたりまえのことが一番幸せですね。
    つくづく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA