桜の記憶 ~その壱


公開日:2007年10月23日 火曜日   〇年前のこの日、何してた?
Categories: Diary | Tags: | 閲覧数:2 | 1 comment

 

裏の田圃に面した六畳間の
日のあたる窓辺で
ちいさくなった背中をいっそう丸めるようにして
足の爪を切る。

下着姿で一心に
まるでそのことだけが生きがいのように。

15で奉公に出、
修行を重ね
自分の城をもった。

26歳で家庭を持ち初めて人の親になり
すべての情熱を
愛しい家族と
高度成長期の日本の未来に注いだだろう30年。

 

この父の人生のまんなかの30年は
それは呆れるほどあっけなく
そして
あとかたもなく消えたのだ。

 

ひとは
本当に悲しいときほど泣けないものだ。

 

向かいの家の淡桃色をした吉野桜のはなびらが
ひらりひらり
楽しげに
焦らすように
右へ左へと踊りながら
あいもかわらず熱心な
父の左の肩にそっととまり
すこし揺れて
するりと落ちた。

桜の記憶

SR134さんのさくら道 – 写真共有サービス 「写真部」 byGMO

もし、気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです♪ この記事へのリンクはこちら↓コピーしてHTML編集画面に貼り付けでお使いください。

ブログの更新情報はこちらで配信中~
Feedlyで購読
follow us in feedly
更新をメールでお知らせ 配信: FeedBurner

sponsored


公開日:2007年10月23日 火曜日   〇年前のこの日、何してた?
Categories: Diary | Tags: | 閲覧数:2 | 1 comment

著者 ねこもりや

どうぶつ占いは「コアラ」。ボーっとする時間が常に必要。”猫になりたい”とひたすら願う怠けもの。

My Photos

One Comment

  1. こんばんは。
    さばちゃんはバランスが取れたことによって落ち着いているのでしょうか?
    あんまりびくつくと精神的にも良くないでしょうから・・・。
    25歳の猫は晩年目が見えませんでしたからびくつかせないように驚かせないように・・・、としていたことがありました。
    触るときは必ず声をかける、とか・・・。
    さばちゃん、元気で。

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA