思い出たっぷりの子供服と”ちゅら”の訪問

”るる”から”もも”へと受け継がれた(要はお古)子供服。

二代まではなんとかかんとか着られるものだけど、その次へとなると譲ることが憚られるクオリティになる。

ねこもりやは三姉妹の真ん中で、姉のお古を当たり前のように着させられていたものだ。

だけど、妹の代になると、色は褪せ、裾は綻び、物によっては生地自体、朽ちたり擦り切れたり。

なので、写真におさまった妹は、決まってちゃっかり新品の洋服を着て、おちょぼ口も可愛らしくご機嫌だ。

それはさておき、思い出の子供服が捨てられない話。

当面、”るる”たちは三姉妹になる予定はないようなので、譲るとなると、どなたか他人様。

他人様に譲れるほどのものではないけども、さまざまな思いが詰まっていて捨てられないらしく。

るる着用

もも着用

裏布はこれ

一歳のもも

そういえば、この後思い立って津和野へドライブしたっけ。

ねこもりやも思い出深く、その時々の場面が思い起こされる。

バッグへリメイク表

形はそのまま襟ぐりと袖ぐりをほどいて・・・

持ち手は、綾テープを二つ折りにして。

 バッグへリメイク表

裏布はサッカー地のチェック柄タンクトップ。

こちらも襟ぐりと袖ぐりをほどいて合体。

バッグへリメイク

 

 バッグへリメイク裏

昨日はなぜかテレビが点いたり消えたり。

薔薇の館さんが訪問中に一度。

そして、夜になって何度も。

「え!?何??」と少し怖かったけど、はたと思い至った。

今日は”ちゅら”が風になって3年目。

きっと薔薇の館さんにも会いたかったんだね(*^-^*)

明日は、ばあちゃんの命日だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA