秋風に金木犀薫る芸術村にて。

病室の同窓生の中山さんが講師をなさってる押し花や、

以前の勤め先でお世話になった、有名な写真家?の東島さんらが主催される
「向道中ふるさと芸術村アート祭」へ二年ぶりにおじゃました。

秋と言えば・・・芸術の秋 前篇 ←二年前

行かないだろうな~と思いつつ、

ROSEを誘ってみたら

意外にも「行く」と言う。

 

10時に迎えに行って着いたのは11時前か・・・

来場者の記帳簿に名前を書いていたら

「おめでとうございます!」

と、突然、奥へ奥へと連れて行かれ、

「来場76番目」「来場77番目」とやらで、

この芸術村で毎週10時から教室が開かれているという竹細工を

二人して頂くことに!

 

よく、動物園や美術館で

「10000人目です!」なんて、インタビューされてるのを目にしたことはあるが、

なんとも中途半端な数字に訝っていると、

なんと、作られた方のお年だそーな。
竹細工の花さしと菓子器

くじ運は、まったくと言っていい程無いねこもりや。

これは、ひとえに福耳福の神ROSEのおかげだね♪

ここ、向道中学校跡は、昔の学校らしい木造の校舎。

金木犀の甘く優しい香りとともに、懐かしい我が母校を思い出させる。

一角にステンドグラスをはめ込んだ窓ガラスに、曇り空から漏れるわずかな光が増幅して揺れる。

静かに、時を重ねている苔生した藤棚の下のカフェテーブル。

じっと息を潜めているように、コントラストを深める校舎の影。

すべてがすべてが懐かしい。

校舎
ステンドグラス
カフェテーブル?
東島さんの作品
中山さんの作品「桜」

「健康で長生きして」と、おまじないの意を込めて書いてもらった「感謝」とお地蔵さん。

帰って、ひなじぃとぴぐもんにあげたらとてもとても喜んだ。

よかった、よかった!
感謝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA