来年のポチ袋はA4折形で和紙コピー用紙にプラス・・・

12月に甥っ子夫婦に二人目の男の子が授かり、おばあちゃん気分が4倍になった。

そのちいさな身体で目一杯、大きな声で泣く子を見て、胸がいっぱいになった。

このちいさくも巨大な息吹きが、ひなじいとぴぐもん(ひいじいさんとひいばあさん)の生きる目的になる。

大したもんだ(*^^*)

 

そんなこんなで、体調不良からやっと抜け出した今日、

来年から(じいばあ含め)6人分になるお年玉用ポチ袋を折った。

A4折形で   

これは、実は以前にも紹介したA4折形のもの。

そのなかでも、かさねぽちシリーズは折るのが大変だけどとても華やかで綺麗でお気に入り。

今回はこのかさねぽちシリーズ細ぽち・巽細ぽち・一条を和紙のコピー用紙で折ってみた。

 

だけど、今年はもうすこーし華やかにしてみたくて、↓水引きの結び方を参考に、簡単そうな8の字結びを。

水引きの結び方の参考書

水引きの結び方の参考書

百均の水引きなので、綺麗に曲げられない、、、

ケチるんじゃなかった”(-“”-)”

木工用ボンドで貼り付けてと・・・

遠目から見ればなんとかイケル。

水引きをプラス

 

今年もなんとかかんとか、乗り切れそうだ。

4キロ太った以外には懸念される事態もさしてなく、無事に年を越せそうなことに感謝。

夏以降、断捨離に励み、メルカリやラクマで不用品を処分できたことで、溜まっていた老廃物を排泄したみたいに、こころも身体(太ったけど)もスッキリとしている。

意外なことに、断捨離をしていると、今までは必要だと思っていたものも、実はそれほどに必要ではないことが判明したり、自分にとっての優先度が明確になり、それが断捨離での一番の収穫だったかもしれない。

とはいえ、欲しいものは相変わらず買ってるので、モノが減ったというわけでもない。

ただ、必要なものだけを持つ生活にシフトできている感じ。

余分なものがないのって気持ちがいい!

なので・・・

年末までに、余分な体重をなんとかするぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA