思い出の詰まった深紅のカーディガン。

そらまめさんにもらったマスクゴム代わりの生地も尽きた。

昔むか~し、大好きで、着古して少し色あせてもいるけど、捨てられなかった深紅のアンサンブル。

スウェットよりも軽めのガーゼっぽい柔らかめの生地。

色褪せの激しいカーディガンの方を、思い切ってマスクの内側に使ってみたら・・・

深紅がアクセントになって思いのほかお洒落に。

薔薇の館の主には笑われるけど、ちょっとの切れ端も無駄にしないねこもりや。

そのまた切れ端を、マスクゴム代わりに使ってみたら、なんとも粋なおしゃれマスクに。

切れ端でマスクゴム

 

この深紅のマスクをつけてみたら、それまで胡坐座椅子で爆睡していた”うらら”がおもむろにやってきて、やたらとねこもりやの顔面に頭突きを始めた。

”うらら”もこの真っ赤なマスクが気に入ったらしい。

もう着られないってわかっているのに、思い出の詰まった洋服はなかなか捨てられず。

こんな風に生まれ変わると、また一段と愛着が沸いてくるけども。

ねこもりやの目標は、十数年後には、真っ赤なカーディガンや小花柄のワンピース、真っ白な刺繍ブラウスを着こなす”おばあちゃん”になること。

ゆえに、毎夜癒しのパックを欠かさず、ツヤツヤお肌を目指すのさ。

年を重ねれば重ねるほど、

「素材が大事」

「いちにち、いちにちの暮らし方が大切」

と、敬愛する先輩方が証明してくれている。

なので、深紅のアンサンブルのかたわれのタンクトップはその時のためにとっておく(´艸`*)

裏の神社のつつじ

どうやら、緊急事態宣言も一か月延長となりそうだし、山口県での感染の拡大も避けられないと思う。

おうち時間を楽しむために、なにかワクワクできること探してみようかな?

ユーチューバーになってみたり??

あはは( ̄▽ ̄)。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA