黒猫はどんな色でも似合うという事実に今更気づく。

虹ケ浜の海の家で拾った「ターボ」と名付けた黒猫。

綺麗な金色の瞳とツヤツヤの黒光りする毛並みを持った「ターボ」には、真っ赤な首輪がよく似合っていた。

以来、黒猫には真っ赤な首輪がお決まりに。

「ふくろう」も「ろく」も二代目「ろく」も、そして「ちゅら」、「うらら」とずっとずっと赤い首輪。

たまには、タータンチェックの場合もあったけど、やっぱり赤のタータンチェック。

赤いタータンチェックの首輪のうらら

マスク作りから始まったミシン生活は、「うらら」の首輪にも変化をもたらした。

4センチ×30センチ程度のハギレでできちゃう首輪はお手軽でエコ。

どんな細長いハギレも捨てられない。

脱赤い首輪

「うらら」脱赤い首輪

 

生成りのメルヘンプリントも、グレーの水玉も白黒のギンガムチェックも。

黒猫って、どんな色も不思議と似合うってことに今更ながら気づいた。

「うらら」は、歴代の黒猫のなかで、唯一の「女の子」。

生後3か月程で、ねこもりや家の子になった「うらら」。

警戒心が強くて臆病だけど、愛情表現はめちゃくちゃ激しい。

ねこもりやの顔面に全力で頭突きをしてくる時の「ちりん、ちりん」と鳴る鈴の音に幸せを感じる穏やかな二人っきりの暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA