ひとりと一匹の年越し~2021年を振り返る

今年も一年間、ありがとうございました。

好きなことばかりして暮らした一年でした。

相変わらずのバイト生活で、そのバイトの接客業が性に合っているらしく、忙しくて目が回りそうな一日が妙に楽しいので体は疲れても心が穏やかなので疲弊感なし。

おかげでバイトがない日の一日が充実することこの上ない。

YouTubeへのアップロードが追いつかないほど、リメイクも沢山してるけど、最近は売れ筋価格で出来る合皮を使った財布を作ってみたり、本革のアクセサリーを作ってみたり。

つい最近は、バイト先の同僚に頼まれて、ロベルタのバッグを財布にリメイク。

リメイク前のロベルタのバッグ

リメイク前のロベルタのバッグ

これをリメイクして、長財布に。

リメイク後の長財布

リメイク後の長財布

夏には、うららの病気が発覚。

肥大型心筋症と診断された病気は、買ったばかりの「catlog(キャットログ)」のおかげで見つけることができた。

うらら、トイレの上に鎮座

この病気は、体重が減ってくるといけないらしいけど、相も変わらずぽっちゃり体形。

投薬にも慣れてきた。

緊張のあまり目を吊り上げて押さえつけ、うららに警戒されていたねこもりやも、随分と上手に嘘がつけるようになった。

「うらら~、おやつだよ~」と優しい声で誘い、ぱかっと口を開いてポイっと喉の奥に押し込め、そのままの流れでちゅ~る。

うららはちゅ~るだけもらってると思ってるんじゃないかと思う。

大晦日の今日も、いつものように「おやつだよ~」

そして、ひとり分のお蕎麦を作り、薔薇の館に頂いた黒豆と昼間に炊いたぶり大根と鶏牛蒡炊き込みご飯を食べ、ひとりと一匹の静かな夜がゆっくり更けていく。

新しい一年も、きっとこんな何でもない一日の重なり。

それが、どんなにしあわせなことか。

当たり前に必ずやってくるものではないかけがえのない日常がありがたい。

来る年も温かく見守って下さいませ。

YouTubeも応援ヨロシクね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA