全自動コーヒーメーカーを比べてみた~ツインバードCM-D457とナショナルの沸騰浄水コーヒーメーカー

ツインバードCM-D457とナショナル沸騰浄水コーヒーメーカー

どちらも、全自動。

一杯づつ、淹れてみた。

ナショナルの沸騰浄水コーヒーメーカーは、

  • 中細挽き
  • リッチ

ツインバードCM-D457は、

  • 中細挽き
  • 83℃

沸騰浄水コーヒーメーカー

↑沸騰浄水コーヒーメーカー

ツインバードCM-D457

↑CM-D457

ツインバードのCM-D457の方が若干粗目かな?

見た目はかわらない?

見た目は?

そう変わらないかも・・・

飲んでみると、ツインバードのCM-D457の方がすっきりしてるような・・・

それにしても、表現力の無さが致命的、、、

どちらも、美味しいの!

ただ、淹れてる時に色々違いがわかる。

まず、豆を挽く音。

ナショナルの沸騰浄水コーヒーメーカーは高めの「キーーーン」と言う結構耳障りな音がする。

かたや、CM-D457の方は、臼式だけあって、「ゴリゴリ・・・」というするつぶすような低い音。

これも、今までさして気になっていた事ではないけど、比べてみると高めの「キーーーン」て音は嫌な感じがするわけ。

そして、淹れてる最中の漂う香り。

これはもう!沸騰浄水コーヒーメーカーは皆無なので、CM-D457で淹れてる時のアロマには驚くよ、絶対。

それに、豆の挽き具合を変更するのに沸騰浄水コーヒーメーカーの方は、部品を入れ替える手間もかかる。その点、CM-D457はダイヤルで挽き具合を選ぶだけ。

まあ、なんつってもお値段がおよそ倍。

美味しい!

それぐらいの差がないと買い替えないよね~(*^^*)

ってことで、ナショナルの沸騰浄水コーヒーメーカーは、実家へ。

 

近頃、コーヒーの飲み方にこだわるのがブームらしく、スペシャリティーコーヒーなんぞという言葉をよく耳にする。

まさに、最先端を走ってる(笑)ねこもりや。

今朝も、少し遅めの朝食を「焙煎仕立ての豆でスペシャリティーコーヒー」で( *´艸`)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA