花束のお裾分け〜50度の魔法

8月31日。

なかなか会えない友達の誕生日。

久々の訪問。

誕生日のお祝いを持って行ったのに、帰りには、来た時よりもはるかに多い手土産を持って帰ってきた。

その中のひとつが、綺麗な花束。

おすそ分けの花束

おすそ分けの花束

お洒落な英字新聞でラッピング(●’w’●)

 

中学一年生の時に、男の子から薔薇の花束をもらって以来2回目。

 

花束をもらうことって、ホントないよね。

こんなに嬉しいのに、「何か欲しいモノある?」って聞かれて、「花」って答えることはない。

欲が出て、金目のものか、形が残るものを選びがち。

 

花束の様に、いつかは枯れて形が残らず、嬉しかった記憶だけが残るものの方が良いのかもしれない。

 

物体だと、薄汚れたり、朽ち果てたり…

物悲しさが付き纏う。

ましてや、その相手との距離(物理的な距離ではなく)が遠くなってしまったりしているとなおさら。

 

記憶と思い出にだけ残るモノならば、キレイなまましまっておける。

楽しかった、嬉しかった、幸せだった記憶は妙に鮮明だ。

人間て不思議なもので、嫌なことはきちんと忘れる様に出来ているらしい。

だから、今日も一日、元気でいられるってもんさ。

そうそう!!

もらった花束。

すぐに、50度のお湯にいけたので、3日目の今朝も生き生きとしている。

随分前に、何かで見た50度だか60度だかのお湯でいけるのは正解。

真夏は特におすすめ。

今朝の花。

おすそ分けの花束2日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA