朝っぱらからパンを焼く。

起きたとたん、無性にパンを焼こうという思いに駆られた。

今日は、みーやんにもらった瓶入りの高級そうな甘酒を入れて焼いてみた。

甘酒入りの白パン

甘酒入りレーズンくるみパン

イースト菌だけの発酵よりも、ふんわりふわふわと柔らかく極上の仕上がりになった。

ひと頃より、少し暖かくなったのもあるのかな。

ほかほかの焼きたてを頬張る。

高級甘酒

 

晴耕雨読の生活が理想だけど、晴耕はお隣さんにまかせきり( *´艸`)

晴読雨読。

 

パンを焼くことも、お宮へのお参りも心をフラットにするおまじないのようなもの。

ざわざわと心が泡立つ時、人には無心になれる方法がいくつかは絶対的に必要なのだ。

 

今の自分からもう一歩を踏み出したいとき、自分自身の背中を押すために

こうやって朝っぱらからパンを焼く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA